アクセス解析

うつの薬について

うつ 薬

 

うつの薬を使いたいあなたへ。

自分がうつではないかと疑った時、
どうやってうつを克服しますか?

うつは治らない病気ではありません。
克服することができるものです。

 

うつを治そうと考えた時、誰もが病院へ行って薬を処方してもらうことを考えるでしょう。
心が弱ってしまうと、何かに頼りたくなるものですから、
心が不安定だと感じると、安定させる薬が欲しくなります。

 

しかし、これがうつを克服するための唯一の方法だと思っているのならそれは誤解です。

薬は一時的に心を安定させる作用があるだけですから、
うつそのものを治すわけではありません。

一度薬で抑えてしまったら、また心が不安定になった時に、
落ち着かせる薬が欲しいとより強く感じてしまいます。

・心が乱れる
 ↓
・薬で落ち着ける
 ↓
・また心が乱れる
 ↓
・また薬が欲しくなる

といった悪循環に陥ってしまいます。
特に心が弱っている時には何かに依存しやすくなりますから、
一度薬を使ってしまうと、その後は益々強く薬を欲するようになるのです。

 

うつになってしまった時、依存しない為に薬を使わないのであれば、
心が不安定でもじっと我慢するしかないのでしょうか。

そんなことはありません!

うつは、薬を使わなくても自分で克服可能なんです。

うつ 薬

 

病院・薬を一切必要としない
自宅出来るトレーニングでうつの苦しみから解放される
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

うつになって薬に依存してしまうと、常に薬が近くにないと落ち着かなくなってしまいます。
そして、どんどん深みにはまっていってしまうのです。

薬は悪いものではありませんが、万人に必ず効果があるものではないですし、
なにより、医薬品には副作用の心配があります。

 

薬に頼らず、自分の力で
健康的にうつを克服したくはありませんか?

病院・薬一切なし!薬に依存する必要のないうつ克服法とは?

タグ

うつ病で病院を受ける前に・・・

うつ病 病院

 

うつ病の病院へ通うか迷っているあなたへ。

最近はうつ病に対する認識が変わってきており、
うつ病が特別な病気ではないというイメージが定着しつつあります。

 

これまでは、
まさか自分がうつ病であるなんて考えもしなかったでしょうが、
「もしかしたらうつ病かもしれない」と、あなたも感じることがありませんか。

・何をしていても気分が晴れない
・常に心配や不安に襲われる
・あらゆることをネガティブに考えてしまう

心の状態がこのようになってしまったら、自分も周囲も既にうつ病を疑っている状態でしょう。

 

 

しかし、うつ病に対する認識こそ広がっているものの、
やはり、まだ心療内科や精神科といった病院に行くことに抵抗を感じる人は少なくありません。

うつ病自体は特別な病気ではないとわかっていながらも、
うつ病を治す病院は特別と感じてしまうのです。

そして、病院に通うことを苦痛と感じてしまったり、
病院に行くかどうかなかなか一歩を踏み出せず、延々迷っているだけになってしまうこともあります。

 

うつ病はただでさえ心が弱ってしまっているのですから、
こうなってしまうと症状を悪化させかねません。

より塞ぎ込んでしまい、心が壊れていっていまいます。

 

うつ病を治すために病院へ行くのに、病院が原因でうつ病が治らなかったら意味がありませんよね。

病院に抵抗を感じるのなら、無理して病院へ行く必要はありません。
病院へ行かなくても、自力でうつ病は克服する方法があります!

 

うつ病 病院

 

うつ病を自分で克服する方法は、
「自宅で出来るトレーニングをする」だけです。

うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

病院に行くことで余計にストレスをため込んだり、病院に行くかどうか迷って
悩みを増やしたりする必要はないのです。
強い薬で心を無理やり落ち着かせる必要もありません。

自分でうつ病を克服することができるのなら、それだけで少しは心が軽くなります。
治ってから明るい毎日を過ごすのではなく、治す段階から楽しく過ごしたくありませんか?

病院・治療一切なし!昔の自分を取り戻すうつ病克服法とは?

タグ

うつ病か今すぐチェック!

うつ病 チェック

うつ病なのかチェックしたいあなたへ。

・憂鬱な気分が続き、体調が優れない
・自分に対して、否定的な考え方しかできない
・人付き合いが面倒に感じてしまう

自分はうつ病になってしまったのか?と不安な気持ちを抱えていませんか?

うつ病は早いうちに発見し、治療を行うことで、
再発を防止したり、症状の悪化を防ぐことができます。

うつ病の代表的な症状を使って、あなたがうつ病かどうか
チェックしてみましょう。

 

うつ病チェックリスト うつレベル★☆☆

・毎日、疲れやすく、体がだるい状態が2週間以上続いている
・1ヵ月の体重の増減が激しく、毎日食欲の増減がある。
・毎日、憂鬱な状態が2週間以上続いている
・毎日、やる気が起こらず、何をしていても面白くない日が2週間以上続いている
・毎日、何もしたくない状態が2週間以上続いている
・毎日、落ち着かずイライラし、酒をバカ飲みしている。自分を傷つけることがある
・眠れない、深夜に目が覚めてしまう、早朝に目が覚める、寝すぎるなど、
 いずれかの状態が2週間以上、ほぼ毎日続いている
・自分がいなくなってしまえばいい。死んで楽になりたいと、何度も考える

 

これらの状態全てに当てはまる方は重度のうつ病と考えられます。
今すぐ、医師に相談してください。

 

うつ病チェックリスト うつレベル★★☆

今度は中程度のうつ病と考えられる症状を使って、うつ病をチェックしていきましょう。
直近の2週間の生活を振り返って、当てはまるところをチェックしてみてください。

・憂鬱な状態が続いている
・興味が沸かない。何をしても楽しくない
・疲れやすく、だるい
・集中力と注意力が散漫になっている
・自分に自信がない
・将来について、悲観的な考えしか持てない
・自分の体を傷つけたくなる。自殺を考える
・眠れない、深夜に目が覚める、早朝に目が覚める
・空腹を感じない。食べ物が喉を通らない

これらの症状が2つ以上当てはまる方は中程度のうつ病と考えられます。
なるべく早く、医師に相談することをお勧めします。

 

うつ病は病院に行かずとも、自分で治すことができる場合があります。
しかし、自分でうつ病と判断せずに、医師に相談のうえ、
うつ病であることが確実になった時点で自分で治すことを検討する方がよいでしょう。

 

うつ病チェックで気になったあなたへ

うつ病 チェック

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病を克服したい!

うつ病 克服

うつ病を克服したいあなたへ。

会社に休職届けを出して、休職して3ヵ月が経った。
傷病手当金をもらえているとは言え、家計が苦しいから早く復帰したい。
けど、自分に自信がなくなり、やる気が全くでなくなった。

仕事に復帰できる気がしない……。

あなたは、うつ病で悩んでいませんか?

 

うつ病になってしまうと、不安ばかりが襲ってきます。

・うつを克服することができるんだろうか。
・あのころの自分にはもう、戻れないのかな。
・生活が苦しいけど、仕事に復帰するのが怖い。

昔の写真を見ては「あぁ、この頃は良かったな」なんて呟いてしまうことも。

 

病院に通っているけど、うつ病を克服できずに悩んでいる人は数多くいます。
病院に行けば「治る」と思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

先生や薬の相性はとても大切です。
相性が悪いと、ひどくなってしまう場合もあります。

 

実は、うつ病に悩んでいるあなたにこそ、知って欲しい情報があるんです。

うつ病 克服

病院に通っているけど、うつ病を克服できないでいる方。
合わない薬で、余計に症状がひどくなってしまった方。
一生、うつ病と付き合っていかなくてはいけないと思っている方。

自宅で出来るうつ病から最短で抜け出す
心が軽くなる方法をご紹介します。

 

あなたもうつ病を克服して
昔の元気だった頃の自分を取り戻したくはありませんか?

うつ病を克服するプチ認知療法とは?

タグ

うつ病の原因を教えて!

うつ病 原因

うつ病の原因が知りたいあなたへ。

うつ病は早期発見と、早期治療が大切です。
早い段階で医師に相談すれば、その分改善も早くなります。

医師に相談する前にうつ病について詳しく知りたいという
あなたのために、うつ病の原因について詳しく見ていきましょう。

 

うつ病の原因について

うつ病の身体的な原因としては、
ストレスなどにより脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンなどの分泌が減少すること
が原因とされています。

 

セロトニンとノルアドレナリンは意欲や活力などを維持する重要な物質です。
これらが減少すると憂鬱な気持ちになったり、悲壮感を感じてしまうようになります。
これが長期間続くとうつ病になってしまうのです。

これらの脳内物質が減少してしまう原因には精神的、肉体的ストレスが主な原因とされています。

・疲れているのに休めない
・いじめ、プレッシャー、不安、死別

などにより、自分で心の状態をコントロールできなくなると
うつ病が発症しやすくなります。

 

また、引越し、離婚、結婚、栄転を含む転勤など、これまでの生活環境の変化でも
うつ病にかかってしまうことがあり、風邪がきっかけでうつ病になってしまった例もあります。

うつ病は性格にも左右されます。
・まじめで責任感が強い
・完璧主義者
・几帳面
・仕事熱心
・悲観的
・保守的

な方はうつ病にかかりやすいと言われています。

 

現代社会において、「ストレスを溜めない」ということは、ほぼ不可能に思えます。
睡眠と栄養をとり、体を動かすなどをして、なるべくストレスを溜め込まないことが大切です。

悩みがあれば、カウンセリングに相談してみるなど、
悩みが小さいうちに解決できるようにするとよいでしょう

 

うつ病の原因を詳しく知りたいあなたへ

うつ病 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病の薬を服用する前に・・・

うつ病 薬

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ。

「うつ病かな?」と感じたとき、
病院に行く前に市販されているを飲んで様子をみたい。
という方がいます。

 

うつ病になってしまう身体的原因としては、
ストレスによってセロトニンという脳内物質が減少し、発症すると言われています。

病院で処方される薬には、このセロトニンの量を増やし、
脳の機能が低下することを防ぐ効果があります。

基本的にはこういった精神に作用のある薬は市販されておらず、
医師の処方なしでは購入できないようになっています。

 

薬局などで市販されている薬には、以下のようなものがあります。

睡眠改善薬

ドリエル、ネオディなど

精神安定剤

ホスロール(漢方)、リスロンなど

うつ病に効果のあるサプリメント

セント・ジョーンズ・ワートなど、サプリメントは他にファンケルや小林製薬などから作られています。

 

漢方薬も精神系の病気に効果があると言われています。

普通の薬と比べると効き目がゆっくりとしていますが、
体全体の体質を改善してくれるので、徐々に調子を整えてゆく。という効果があります。

薬局などで市販されている薬は効果が弱いため、
気休め程度のものと考えておいたほうがよいでしょう。

 

精神的な病気は、うつ病のほかにも多くの病気があり、診断自体が難しい病気です。
また、どういう薬を飲めばいいのか判断するには専門的な知識が必要です。

こういった精神系の薬には依存症や口の渇き、便秘などの副作用もあるため、
医師に相談のうえ、薬を処方してもらうことが一番と考えておいたほうがよいでしょう。

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ

うつ病 薬

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつを克服したい!心が軽くなる方法とは?

うつを克服したいあなたへ。

人間関係がうまくいかないからなのか、仕事に行くのがとにかく苦痛だった。
それでも、仕事だと思って頑張って行った。
頑張って、無理やり仕事して、また頑張って。

ある日、朝目覚めたら体がずっしり重く、
起き上がれなくなってしまった。

 

うつのサインは突然やってきます。

・朝が辛い。起き上がれない。
・食欲がなくなり、味を感じなくなる。
・口数が減る。

人によってさまざまですが、うつと気づきにくい場合も多々あります。

 

うつを克服したいと思ったあなたは、どうしますか?

うつを克服するには、とにかく「休む」ことです。
無理はしないで、仕事や学校を休ませてもらうのは大切なことです。

ただ、それだけで克服できるほど簡単ではありません。

 

精神科や心療内科に行くのはとても大切です。
しかし、薬物療法で治すのが中心なので、先生に話を聞いてもらえる時間はすごく短いです。
また、この先生あまり合わないかもと思ったら、
別の先生に変えてもらったり、病院を変えた方が良い場合もあります。

 

今、うつで悩んでいるあなたへ。
実は、病院いらずのうつを克服する方法があるのをご存知ですか?

うつ 克服

 

しかも、難しいことはなく、
簡単なトレーニングを自宅でするだけでいいんです!

非常に長い年月悩んでいる方。ぜひとも、試してみてください。
自分はもう克服は難しいと諦めないでください!

 

あなたもうつを克服して
いつもと変わらない平凡な日々を送りたくはありませんか?

心が軽くなるうつを克服する方法とは?

タグ

うつ病の治療を受ける前に!

うつ病 治療

うつ病の治療には様々です。

とにかく「頑張らなきゃ」と思ってずっとやってきた。
がむしゃらになって、仕事も頑張ったし、
家でも疲れを見せないようにしていた。

 

「うつ病」というのは、よく弱い人がなると
勘違いしている人も多いと思います。

しかし、そうではありません。

 

「逃げない」
「頑張りすぎる」
「責任感が強い」

仕事が出来る人や、まじめな人がなってしまう場合が結構あるんです。

 

「あの人がうつ病? 信じられない」

実際に、誰がなってもおかしくないうつ病。
治療するには、そう簡単にはいかないものです。

 

・夜眠れない。
・朝、すごく体が重くて起き上がれない。
・動きたくない、誰にも会いたくない。

症状は人それぞれなので、自分にあったお医者さんや、薬を見つけるまでも時間がかかります。

 

やっと病院を見つけたけれども、あまり良い先生ではなかった。
薬を飲んだら、余計に症状がひどくなった気がする。

病院に行きたいと思っても、自分にあった病院探しは結構時間がかかるものです。

 

「じゃあ、もううつ病は治療できないの?」

そんな、うつ病で悩んでいるあなたにこそ知っていただきたい情報があるんです。

うつ病は、治療を受けずとも自宅で克服できるということを知っていましたか?
それも、簡単なトレーニングをしていただければいいんです。

 

うつ病 治療

 

もう、昔の自分には戻れないのかな……

そう思っているあなたへ、まだまだ道はあります。
一人で悩みを抱えず、このトレーニングを実践してみてください。

 

あなたも、うつ病を克服して
昔の変わらない自分に戻りたくはありませんか?

治療せずにうつ病を克服したい方はこちら!

タグ

うつ病の症状について

あんなに優しかったはずなのに。
突然、何かにとり憑かれてしまったみたいで、まるで別人のようだ。

あなたの、大切な人が突然うつ病になってしまい、
どうしていいかわからず、悩んではいませんか?

 

うつ病と大きく言っても、その症状は様々です。

気持ちが落ちて上げられず、布団から出ることが出来ない。
浮き沈みが激しく、感情が不安定。わけもわからずイライラして、物に当たる。

症状によって病名を判断しますが、医者でも判断が難しいとも言われています。
大切な方のために、症状と照らし合わせて病名を探し、病名を特定しようとする行為は非常に危険です。
それが間違った治療だった場合、余計にうつ病を悪化させる結果となってしまいます。

 

だからこそ、病院に連れて行きたいと思います。
しかし、「病院に行こう」ってなかなか言いにくいものですよね。

ただの「内科」ではなく「心療内科」や「精神科」と言えば、だいぶ世間的に認知はされるようになっても、
抵抗がある人はまだ多いようです。
また病院に行きたくても、予約が取れないなんてこともよくあります。

 

自分がなんとかしてあげないと。

大切な人が苦しんでいるのを見ていると、助けたいと思います。
しかし、うつ病の恐ろしいところに、周りの人が受けるダメージというものがあります。

あなたも、一人で悩み抱えすぎないでください。
気づかないうちにうつ病になってた、なんてたこともあるんです。

 

悩み、苦しんでいるあたなに、ぜひ知っていただきたい情報があるんです。
実は、うつ病は自宅でできる簡単なトレーニングで克服することができるって知っていましたか?

ぜひ実践して、その効果を確かめてみてください!

 

あなたも、大切な人との
変わらない日々を送りたくはありませんか?

うつ病を克服して、普段と変わらない生活を送りたい方はこちら!

タグ

このページの先頭へ