アクセス解析

うつ病で睡眠障害になったあなたへ

うつ病 睡眠障害

 

うつ病で睡眠障害を治したいあなたへ

いつの日か、眠りが浅くなった。
「早く寝なきゃ」と思うと余計に眠れない。

朝、体を起こすのがすごく辛くて、
起き上がることが出来なくなってしまった。

 

うつ病になると、眠ることが出来なくなる「睡眠障害」の症状が見られるようになります。
午前中は気持ちが落ちたまま浮上できず、体を起こすことも出来なくなるのは、この睡眠障害のせいなのです。

眠れないというのは、本当に辛いことです。
体だけではなく、頭すら休むことが出来ないので、何もしていないのに常に疲れた状態になってしまいます。

うつ病は睡眠障害だけではなく、様々な症状がみられます。
頭痛、気分が不安定になる、食欲低下など、どの症状もとても辛いものです。

心療内科等で、「眠れない」と言えば、薬を出してもらえます。
ただ、一度飲んでしまうと今度はなかなか目覚めることが出来ず、
一日中寝っぱなしという状態になってしまう場合もあります。

なかなか、自分に合った薬を見つけるのは難しいんです。

 

「なんとかして、うつ病を治したい。睡眠障害を改善したい」

うつ病の症状で悩み、改善したいと思うあなたへ。
実は、うつは病院や薬を利用しなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

うつ病 睡眠障害

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

このトレーニングなら自宅で出来るので、気楽に始めることが出来ますよね。
うつ病を克服できたら、睡眠障害も改善することが出来ます。

あなたもうつ病を克服して
当たり前な毎日を送りたくはありませんか?

心が軽くなるうつ病克服法とは?

タグ

うつ病の苦しみから解放される改善法とは?

うつ病 改善

 

うつ病の改善法を探しているあなたへ

・何を食べても美味しいと感じなくなった。
・感情が不安定のせいか、誰とも会いたくない。
・ちょっとした言葉でイライラして、物に当たってしまう。

いつからか、うつ病の症状が現れ始めてしまった。

 

うつ病だと感じたら、心療内科や精神科を受診するのをおすすめします。
うつ病には、様々な種類があるので、

「この症状が当てはまるから、自分はこの病気だな」

と自分勝手な判断は非常に危険です。

病院に行って薬を処方されたからといって、すぐに症状を改善出来るわけではありません。
うつ病を改善するためには、自分にあった先生や薬を見つけることがとても大切です。
薬や先生が自分に合わない場合は、症状を悪化させてしまうなど、全くの逆効果になってしまいます。

 

「病院に行っても、全く症状を改善出来ない。他に方法はないかな……」

うつ病を改善したいと思う方へ。
実は、うつは病院や薬を利用しなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

うつ病 改善

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

・病院に行っても、先生と話せるのはほんの数分。そんな診療にうんざりしている方。
・薬の効果も感じられないどころか、悪化している方。
・なかなか予約が取れず、病院に通えないという方。

そんな方におススメのうつ病改善法です。
あなたもうつ病を改善して
平凡な日々を取り戻したくはありませんか?

心が軽くなるうつ病改善法とは?

タグ

うつでアルコールが止められないあなたへ

うつ アルコール

 

うつでアルコール依存症になってしまったあなたへ。

うつを患ってから、家にこもるようになった。
家にいたら、ついお酒に手を出してしまい、アルコール依存症に
なってしまった気がする。

 

うつとアルコール依存症を併発してしまう場合には、いくつかの原因が考えられます。

落ち込んだ気分を上げようと、アルコールを摂取しその結果依存症にまでなってしまうケース。
逆に、アルコール依存症が先で、なんとかアルコールを絶とうとしたことにより、
うつを併発してしまうケースもあります。

どちらにしても、二つの症状を同時に抱えることは非常に辛いことです。
どちらか一方でも治せればまた違うのですが、容易なことではありません。

 

うつでアルコールに依存しているあなたへ。
治療方法はないと、諦めてはいませんか?

実は、うつは病院で治療を受けなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

「病院に行ったところで難しいのに、家でなんて治せるの?」

あなたも、そう思いますよね。
でも、実際にその方法は存在します。

うつ アルコール

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

うつは、周りの人に理解してもらうのはとても難しい病気です。
さらに、アルコール依存症も併発しているとなると、かなり大変な状態です。

あなたも今すぐうつを克服して
いつもと変わらない平凡な日々を取り戻したくはありませんか?

アルコール依存から解放されるうつ克服法とは?

タグ

うつでサプリメントを使用する前に!

うつ サプリメント

 

うつでサプリメントの服用を考えているあなたへ

心療内科を受診したところ「うつ」であることがわかった。
カウンセリングや病院に行くのがすごく嫌で、もう行きたくない。

うつを治す方法はないかと調べていたら、サプリメントの存在を知った。

 

うつで悩んでいる方は、年々増えてきています。
うつと言ってもピンとこなかったのは、もう昔の話。
今や、珍しい病気ではありません。

うつの治療の一つに「サプリメント」があります。

うつに効くというサプリメントの種類は増えてきています。
しかし、サプリメントだからと言って、服用を間違えたら症状を余計に悪化させてしまいます。

用法・用量をきちんと守れればいいのですが、
そもそも、自分に合ったサプリメントを見つけるのも簡単ではありません。

 

うつを克服したいと思うあなたへ。
実は、うつは病院やサプリメントを利用しなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

うつ サプリメント

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

・病院へ行っても、薬を飲んでも、治る気が全然しないという方。
・サプリメントを探していても、どれがいいのか良くわからないという方。
・うつの治療を諦めてしまっている方。

そんな方におススメのうつ克服法です。

あなたもうつを今すぐ克服して
普段の何気ない生活に戻りたくはありませんか?

病院・治療一切なしの心が軽くなるうつ克服法とは?

タグ

うつ病を再発させない方法を教えて!

うつ病 再発

 

うつ病は再発しないか気になるあなたへ

うつ病は治しても再発してしまうのかと、
不安に思っている人がたくさんいます。

 

うつ病は治療に時間がかかるうえ、仕事を続けることが困難になってしまうほど症状が悪化しやすいため、うつ病にかかると仕事をやめざるを得ない人が大半です。

うつ病は比較的再発しやすく、引越しや転職など環境を変えただけでも
再発しやすくなるため、注意が必要です。

うつ病の再発について、近年報告されていることをまとめて紹介したいと思います。

 

うつ病の再発と予防

うつ病の回復期間は、だいたい6割の人が8ヶ月程度で回復するといわれています。
なかには数ヶ月で回復する人もいます。
これらの回復期間は、再発を考慮に入れていません。

つぎに、再発する期間です。
うつ病の再発はだいたい5割の人が1年以内に再発します。

したがって、8ヶ月かけて回復しても、それから1年以内に再発してしまうということです。
数ヶ月で回復し、再発した場合、回復そのものが「一時的」であった可能性があります。

 

また、10年後、20年後に再発する割合も高く、
9割の人は一生のうちに一度は再発するといわれています。

ただし、再発予防の薬を服用し続けた人は再発が少なかったという報告があり、
再発予防の薬を飲むことが重要です。

一度再発してしまうと、再再発率が高くなります。
3回以上再発したことのある人は、再発を経験した人のうち9割を占めています。

うつ病の治療では、再発を予防するため、回復後に半年から1年ほど、坑うつ薬を飲むように指示されます。

うつ病が回復してしまうと、薬を飲まなくなってしまう人が多い傾向があります。
再発を防止するためにも、医師の指示通り飲み続けることをお勧めします。

 

うつ病の再発を防止したいあなたへ

うつ病 再発

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病に効果的な予防法を教えて!

うつ病 予防

 

うつ病の予防を知りたいあなたへ

うつ病は症状が軽いうちに治療を行うと、改善が早くなります。
しかし、再発することが多いため、一度治ったからといって、
今までのような生活をいきなり送ってしまうのはとても危険です。

 

うつ病は近年患者数が増加し続けており、誰でもかかる可能性のある身近な病気です。
うつ病にならないために、普段の生活を少しでも気をつけることが大切です。

ここで、いくつかのうつ病に効果的な予防法をご紹介します。

 

うつ病の予防法

生活習慣を少しだけ改善してみる

うつ病にならないためには、規則正しい生活をすることが大切です。
とくに睡眠不足は疲労やストレスを溜めてしまい、自律神経に支障をきたしやすくなりますので、
しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

また、アルコールはうつ病を誘発する可能性が高く、飲みすぎには注意しましょう。
「最近、酒が弱くなった」と感じ始めたら注意が必要です。

定期的な運動はセロトニンを活性化させる効果があり、ストレス発散にもつながります。

 

重要事項から片付けるようにする

物事に優先順位をつけ、優先度の高いものから手をつける習慣をつけましょう。
後回しにしてもよいものは、無理して行わないようにし、気楽に取り組むことが大切です。

常に柔軟に、余裕をもって行動することを心がけましょう。

 

ひとりで抱え込まず、周囲に相談する

自分にかかる負担を減らすことで、プレッシャーや緊張が少なくなります。
一人で抱え込まず、周囲の人に相談したり、協力してもらうようにしましょう。

 

うつ病にならないために、もっとも大切なことは、
気持ちが晴れない時期が続いたり、ストレス解消をする元気もないときは、
休養をしっかりとり、早めに医師に相談することが重要です。

 

自宅できるうつ病の予防法を知りたいあなたへ

うつ病 予防

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病を克服し再就職したいあなたへ

うつ病 再就職

 

うつ病で再就職できるか不安なあなたへ。

うつ病により仕事を続けることが困難になり、
休職や退職せざるを得ない人が増えています。

うつ病には一定期間の休養が必要なので、
無理をして仕事を続けていると症状をより悪化させてしまいます。

 

しかし、うつ病で退職した場合、再就職はできるのでしょうか?
うつ病に苦しむ人の多くは、今後の仕事について悩みを抱えています。

うつ病の治療を受け、少しずつ症状が改善されていくと、
金銭的な事情もあり新たな仕事を見つけなければならない焦りが出てきてしまいます。

 

会社側は、面接のときにうつ病であることを告げられると、腰が引けてしまう場合がほとんどです。
もし、その人が入社して、短い期間でうつ病が再発してしまったら…のことを考え、リスクを避けようとします。

面接時に、うつ病により退職したことを言わず、就職する方も多くいますが、
うつ病が再発してしまい、短期間で退職を繰り返してしまう方が多くいます。

うつ病を克服し、再就職をして長く勤め続けている方の場合、
まずしっかりとうつ病の治療に専念し、転職活動を慎重に行い、社会復帰を目指すことが重要です。

 

うつ病の再就職について

うつ病を治療し、転職した方の多くは、
民間の転職サービスや行政サービスを利用し、転職しています。

各都道府県には障害者職業センターという機関があり、
職業相談や就職前のトレーニングなどを行うことができます。

ここではハローワークと連携し、職業の斡旋も行っています。

 

転職サービスや転職フェアなどを活用することで、
勤務条件の良い会社や仕事の内容を事前に把握することができます。

転職フェアは、多くの企業が集まっているため、企業の選択が多く、
面接のようなかたい雰囲気にもならず、心にも余裕が生まれ、スムーズなやりとりができます。

転職コンサルタントに相談し、不安や悩みを打ち明けることで
前向きな思考や行動ができ、転職に有利につながります。

 

まずはうつ病をしっかり治療し、民間や行政が行っている転職サービスを利用して
今後の仕事や病気について相談することをお勧めします。

 

うつ病を克服し、再就職したいあなたへ

うつ病 再就職

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病に効果的な漢方を教えて!

うつ病 漢方

 

うつ病の漢方を探しているあなたへ

うつ病の治療には、坑うつ薬を服用するのが一般的です。
しかし、薬による治療は即効性がある代わりに、
副作用や依存症などを引き起こしてしまいます。

 

最近はそういった副作用や依存症を避けるため、
坑うつ薬とあわせて漢方薬を服用する人が増えています。

うつ病は不眠が続いたり、不安や極度の疲労が続くので、
心身ともに疲弊してしまいます。

そのため、体力を回復する効用のある漢方薬などを飲み合わせ、
体全体からうつ病を治療することが望ましいでしょう。

 

漢方薬には、体力回復のほかに、自律神経の調整に効果のあるものもあります。
うつ病の症状によって、効果のある漢方薬も違いますので、
症状と体力にあったものを選ぶと良いでしょう。

 

うつ病の漢方の種類

中程度のうつ病に効果的な漢方

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、帰脾湯(きひとう)などは
補剤とよばれ、体力を回復する効果があります。

自律神経系には、気剤と呼ばれる
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)などがあり、
うつ状態やパニック障害、不安などの効果があります。

うつ病で頭痛などの症状のある方には、釣藤散(ちょうとうさん)が効果的です。

そのほか、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)は
めまいの症状に効果があります。

 

軽度のうつ病に効果的な漢方

軽度のうつ病の場合、坑うつ薬などを飲まなくても、漢方薬だけで治る方もいます。

茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)、
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などがよいでしょう。

疲労感がひどい方には、
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)がお勧めです。

 

産後の不安や育児によるうつ病に効果的な漢方

産後の疲労がひどい方には、
当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)や帰調血飲(きゅうきちょうけついん)がよく処方されています。

うつ状態がひどいときや、幻覚、妄想などの症状がある場合、
母乳をやめ、坑うつ薬や坑精神薬などを服用し、治療を行う必要があります。

 

漢方薬にはいろいろな種類があり、効用が同じでも薬の種類や配合率の違うものがあります。
漢方薬にも副作用があるため、坑うつ薬と併用して服用する場合、
飲み合わせの悪い漢方薬もあるので注意が必要です。

病院や薬局などで、どのような漢方薬を選べばよいか、相談することをお勧めします。

 

うつ病の漢方の服用を考えているあなたへ

うつ病 漢方

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病の障害年金について教えて!

うつ病 障害年金

 

うつ病の障害年金について知りたいあなたへ。

長期的にうつ病の治療を受けている場合、
障害年金を受け取ることができます。

障害年金を受け取るには、医師の診断書が必要となりますので、
医師と役所の職員に判断を委ねるしか方法はありません。

 

うつ病の障害年金

では、うつ病で治療を受けている患者の多くは、
障害年金を受け取ることができるのでしょうか?

たいていの患者は、障害年金を受け取ることができても、
一番程度の低い3級しか与えられないといいます。

うつ病により、障害年金の給付を請求することのできる条件は以下のようになっています。
・うつ病などで1年半以上通院しているが、完治が見込まれない
・保険料の納付期間のうち、3分の2以上納付済み期間となっている
・20歳以上、65歳未満である
・現在、失業中である

 

障害年金の給付

障害年金の給付には、等級がついています。
それぞれの等級と病状の程度は以下のようになっています。

1級

介助、介護を受けなければ何も出来ない状態

2級

介助、介護を受けるほどではないが、日常生活に著しい制限、または、著しい制限を加えることが必要で、
生活をすることが困難であり、労働による収入をえることが出来ない状態

3級

労働に著しい制限を受ける、または、著しい制限を加えることが必要

 

医師は障害年金を希望する患者に、それぞれの能力判定をし、診断書を作成し、
日本年金機構(旧社会保険庁)の職員が等級を判断します。

職員が重要視するのは、「日常生活の能力判定」「日常生活能力の程度」となっています。
これにより、障害年金の給付金が半分以下になってしまいますので、
とても重要なポイントです。

一例としては、
・適切な食事摂取
・金銭管理
・身辺の清潔保持
・他人との意思疎通
・十分な睡眠
・身辺の安全保持、および危機対応
・精神状態

などです。

これらの状態が、
・自発的に行える
・自発的に行えるが、介助、介護を要する
・自発的に行えず、介助、介護を要する
・行えない

といった分類に分けられます。

これらの要素を医師がどのように分類してしまうかによって、
障害年金の給付金額がきまってしまいます。

 

医師は客観的事実と、医学的見解でしか、あなたの状態を判定することができませんので、
今の自分の状態や生活環境を医師に切実に伝えることが重要です。

その場合、家族なども同伴してもらい、一緒に相談することをお勧めします。

 

うつ病を今すぐ克服したいあなたへ。

うつ病 障害年金

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつで不眠になったあなたへ

うつ 不眠

 

うつで不眠に悩まされているあなたへ。

布団に入っても全く眠れなくなった。
明日仕事だから早く寝なきゃ。
そう思うと余計に眠れなくなってしまう。

 

心のダメージを受けると、気づかぬうちに不眠になってしまいます。
今は、うつ病で不眠になるケースが非常に多いです。

眠りには落ちるものの、非常に眠りが浅く、
2,3時間という短時間で目が覚めてしまうこともあります。

 

うつ病により不眠になると、様々な症状が出てしまいます。

・特に朝起きるのが辛く、常に体がだるい。
・食欲が沸かず、体重が減少していく。
・ちょっとしたことがイライラする。

症状は多々ありますが、良いことなど一つもありません。
常に頭の中でマイナスなことを考えてしまい、布団から起き上がる気力も無くなってしまいます。

 

仕事や学校は、とてもじゃないけど行ける状態ではなくなってしまい、
自己嫌悪に陥ってしまったりします。

せめて、眠れればいいのに…なんて、思ってしまいますよね。
うつ病が改善されれば、自然と不眠に悩まされることもなくなります。

 

「うつ病を改善することなんて、本当に出来るの……?」

うつ、不眠で悩んでいるあなたへ。
実は、うつは病院やカウンセリングに通わずとも
自宅で1人出来るトレーニングで改善することが可能なんです。

うつ病 不眠

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

あなたもうつ病を改善して
今までない清々しい朝を迎えたくはありませんか?

不眠から解放されるうつ病克服法とは?

タグ

このページの先頭へ