アクセス解析

うつの対応が分からないあなたへ

うつ 対応

 

うつの対応の仕方が分からないあなたへ。

家族の方、身近にいる大切な方がうつになってしまい、
どうか対応していいか困ってはいませんか?

 

うつの治療には、周りの協力がとても大切だと言われています。
甘えなどではなく、きちんとした「病気」だということを理解しなければいけません。

ただ、頭ではわかっていても、実際にどう対応していいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
変な気を使いすぎてしまったり、どう対応していいかと悩みすぎてしまうと
知らぬ間にストレスは溜まってしまいます。

うつになってしまった方の身近にいる人も、
一緒にうつになってしまうケースが本当に多いんです。

 

うつの方には、「こういう対応が100%正解だ」という対応の仕方はないのではないかと思います。
会話を重ねれば、「こうされたのは嫌だったのかな」「こうしてもらったら嬉しかったみたい」など、
どう対応したら良いかのヒントになります。

会話はとても大切です。
出来るだけ会話をして、相手の思いを聞くことを大事にしてください。

 

しかし、大切な人がうつに苦しんでいるのを見るのはとても辛いことです。
一刻も早くうつが治ってくれたらと思いますよね。

実は、うつは病院や薬に頼らなくても克服出来るって知っていますか?

もちろん、病院に行って自分がどういう病名なのかを知るのは大切ですが、
信用出来ない先生に診察を受けたり、合わない薬を服用し続けても良くはなりません。

 

うつ 対応

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつから最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

この治療方法は、自宅であるトレーニングをするだけでいいんです!
手軽に挑戦出来るので、本当に克服出来るのかと疑っている方もおススメの方法です。

うつを克服し、大切な方が元気になってくれれば幸せですよね。

「大切な人のために」心が軽くなるうつ克服法とは?

タグ

うつ病の原因を教えて!

うつ病 原因

うつ病の原因が知りたいあなたへ。

うつ病は早期発見と、早期治療が大切です。
早い段階で医師に相談すれば、その分改善も早くなります。

医師に相談する前にうつ病について詳しく知りたいという
あなたのために、うつ病の原因について詳しく見ていきましょう。

 

うつ病の原因について

うつ病の身体的な原因としては、
ストレスなどにより脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンなどの分泌が減少すること
が原因とされています。

 

セロトニンとノルアドレナリンは意欲や活力などを維持する重要な物質です。
これらが減少すると憂鬱な気持ちになったり、悲壮感を感じてしまうようになります。
これが長期間続くとうつ病になってしまうのです。

これらの脳内物質が減少してしまう原因には精神的、肉体的ストレスが主な原因とされています。

・疲れているのに休めない
・いじめ、プレッシャー、不安、死別

などにより、自分で心の状態をコントロールできなくなると
うつ病が発症しやすくなります。

 

また、引越し、離婚、結婚、栄転を含む転勤など、これまでの生活環境の変化でも
うつ病にかかってしまうことがあり、風邪がきっかけでうつ病になってしまった例もあります。

うつ病は性格にも左右されます。
・まじめで責任感が強い
・完璧主義者
・几帳面
・仕事熱心
・悲観的
・保守的

な方はうつ病にかかりやすいと言われています。

 

現代社会において、「ストレスを溜めない」ということは、ほぼ不可能に思えます。
睡眠と栄養をとり、体を動かすなどをして、なるべくストレスを溜め込まないことが大切です。

悩みがあれば、カウンセリングに相談してみるなど、
悩みが小さいうちに解決できるようにするとよいでしょう

 

うつ病の原因を詳しく知りたいあなたへ

うつ病 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病の症状について

あんなに優しかったはずなのに。
突然、何かにとり憑かれてしまったみたいで、まるで別人のようだ。

あなたの、大切な人が突然うつ病になってしまい、
どうしていいかわからず、悩んではいませんか?

 

うつ病と大きく言っても、その症状は様々です。

気持ちが落ちて上げられず、布団から出ることが出来ない。
浮き沈みが激しく、感情が不安定。わけもわからずイライラして、物に当たる。

症状によって病名を判断しますが、医者でも判断が難しいとも言われています。
大切な方のために、症状と照らし合わせて病名を探し、病名を特定しようとする行為は非常に危険です。
それが間違った治療だった場合、余計にうつ病を悪化させる結果となってしまいます。

 

だからこそ、病院に連れて行きたいと思います。
しかし、「病院に行こう」ってなかなか言いにくいものですよね。

ただの「内科」ではなく「心療内科」や「精神科」と言えば、だいぶ世間的に認知はされるようになっても、
抵抗がある人はまだ多いようです。
また病院に行きたくても、予約が取れないなんてこともよくあります。

 

自分がなんとかしてあげないと。

大切な人が苦しんでいるのを見ていると、助けたいと思います。
しかし、うつ病の恐ろしいところに、周りの人が受けるダメージというものがあります。

あなたも、一人で悩み抱えすぎないでください。
気づかないうちにうつ病になってた、なんてたこともあるんです。

 

悩み、苦しんでいるあたなに、ぜひ知っていただきたい情報があるんです。
実は、うつ病は自宅でできる簡単なトレーニングで克服することができるって知っていましたか?

ぜひ実践して、その効果を確かめてみてください!

 

あなたも、大切な人との
変わらない日々を送りたくはありませんか?

うつ病を克服して、普段と変わらない生活を送りたい方はこちら!

タグ

このページの先頭へ