アクセス解析

うつでサプリメントを使用する前に!

うつ サプリメント

 

うつでサプリメントの服用を考えているあなたへ

心療内科を受診したところ「うつ」であることがわかった。
カウンセリングや病院に行くのがすごく嫌で、もう行きたくない。

うつを治す方法はないかと調べていたら、サプリメントの存在を知った。

 

うつで悩んでいる方は、年々増えてきています。
うつと言ってもピンとこなかったのは、もう昔の話。
今や、珍しい病気ではありません。

うつの治療の一つに「サプリメント」があります。

うつに効くというサプリメントの種類は増えてきています。
しかし、サプリメントだからと言って、服用を間違えたら症状を余計に悪化させてしまいます。

用法・用量をきちんと守れればいいのですが、
そもそも、自分に合ったサプリメントを見つけるのも簡単ではありません。

 

うつを克服したいと思うあなたへ。
実は、うつは病院やサプリメントを利用しなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

うつ サプリメント

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

・病院へ行っても、薬を飲んでも、治る気が全然しないという方。
・サプリメントを探していても、どれがいいのか良くわからないという方。
・うつの治療を諦めてしまっている方。

そんな方におススメのうつ克服法です。

あなたもうつを今すぐ克服して
普段の何気ない生活に戻りたくはありませんか?

病院・治療一切なしの心が軽くなるうつ克服法とは?

タグ

うつ病に効果的な漢方を教えて!

うつ病 漢方

 

うつ病の漢方を探しているあなたへ

うつ病の治療には、坑うつ薬を服用するのが一般的です。
しかし、薬による治療は即効性がある代わりに、
副作用や依存症などを引き起こしてしまいます。

 

最近はそういった副作用や依存症を避けるため、
坑うつ薬とあわせて漢方薬を服用する人が増えています。

うつ病は不眠が続いたり、不安や極度の疲労が続くので、
心身ともに疲弊してしまいます。

そのため、体力を回復する効用のある漢方薬などを飲み合わせ、
体全体からうつ病を治療することが望ましいでしょう。

 

漢方薬には、体力回復のほかに、自律神経の調整に効果のあるものもあります。
うつ病の症状によって、効果のある漢方薬も違いますので、
症状と体力にあったものを選ぶと良いでしょう。

 

うつ病の漢方の種類

中程度のうつ病に効果的な漢方

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、帰脾湯(きひとう)などは
補剤とよばれ、体力を回復する効果があります。

自律神経系には、気剤と呼ばれる
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)などがあり、
うつ状態やパニック障害、不安などの効果があります。

うつ病で頭痛などの症状のある方には、釣藤散(ちょうとうさん)が効果的です。

そのほか、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)は
めまいの症状に効果があります。

 

軽度のうつ病に効果的な漢方

軽度のうつ病の場合、坑うつ薬などを飲まなくても、漢方薬だけで治る方もいます。

茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)、
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などがよいでしょう。

疲労感がひどい方には、
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)がお勧めです。

 

産後の不安や育児によるうつ病に効果的な漢方

産後の疲労がひどい方には、
当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)や帰調血飲(きゅうきちょうけついん)がよく処方されています。

うつ状態がひどいときや、幻覚、妄想などの症状がある場合、
母乳をやめ、坑うつ薬や坑精神薬などを服用し、治療を行う必要があります。

 

漢方薬にはいろいろな種類があり、効用が同じでも薬の種類や配合率の違うものがあります。
漢方薬にも副作用があるため、坑うつ薬と併用して服用する場合、
飲み合わせの悪い漢方薬もあるので注意が必要です。

病院や薬局などで、どのような漢方薬を選べばよいか、相談することをお勧めします。

 

うつ病の漢方の服用を考えているあなたへ

うつ病 漢方

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつの薬について

うつ 薬

 

うつの薬を使いたいあなたへ。

自分がうつではないかと疑った時、
どうやってうつを克服しますか?

うつは治らない病気ではありません。
克服することができるものです。

 

うつを治そうと考えた時、誰もが病院へ行って薬を処方してもらうことを考えるでしょう。
心が弱ってしまうと、何かに頼りたくなるものですから、
心が不安定だと感じると、安定させる薬が欲しくなります。

 

しかし、これがうつを克服するための唯一の方法だと思っているのならそれは誤解です。

薬は一時的に心を安定させる作用があるだけですから、
うつそのものを治すわけではありません。

一度薬で抑えてしまったら、また心が不安定になった時に、
落ち着かせる薬が欲しいとより強く感じてしまいます。

・心が乱れる
 ↓
・薬で落ち着ける
 ↓
・また心が乱れる
 ↓
・また薬が欲しくなる

といった悪循環に陥ってしまいます。
特に心が弱っている時には何かに依存しやすくなりますから、
一度薬を使ってしまうと、その後は益々強く薬を欲するようになるのです。

 

うつになってしまった時、依存しない為に薬を使わないのであれば、
心が不安定でもじっと我慢するしかないのでしょうか。

そんなことはありません!

うつは、薬を使わなくても自分で克服可能なんです。

うつ 薬

 

病院・薬を一切必要としない
自宅出来るトレーニングでうつの苦しみから解放される
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

うつになって薬に依存してしまうと、常に薬が近くにないと落ち着かなくなってしまいます。
そして、どんどん深みにはまっていってしまうのです。

薬は悪いものではありませんが、万人に必ず効果があるものではないですし、
なにより、医薬品には副作用の心配があります。

 

薬に頼らず、自分の力で
健康的にうつを克服したくはありませんか?

病院・薬一切なし!薬に依存する必要のないうつ克服法とは?

タグ

うつ病の薬を服用する前に・・・

うつ病 薬

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ。

「うつ病かな?」と感じたとき、
病院に行く前に市販されているを飲んで様子をみたい。
という方がいます。

 

うつ病になってしまう身体的原因としては、
ストレスによってセロトニンという脳内物質が減少し、発症すると言われています。

病院で処方される薬には、このセロトニンの量を増やし、
脳の機能が低下することを防ぐ効果があります。

基本的にはこういった精神に作用のある薬は市販されておらず、
医師の処方なしでは購入できないようになっています。

 

薬局などで市販されている薬には、以下のようなものがあります。

睡眠改善薬

ドリエル、ネオディなど

精神安定剤

ホスロール(漢方)、リスロンなど

うつ病に効果のあるサプリメント

セント・ジョーンズ・ワートなど、サプリメントは他にファンケルや小林製薬などから作られています。

 

漢方薬も精神系の病気に効果があると言われています。

普通の薬と比べると効き目がゆっくりとしていますが、
体全体の体質を改善してくれるので、徐々に調子を整えてゆく。という効果があります。

薬局などで市販されている薬は効果が弱いため、
気休め程度のものと考えておいたほうがよいでしょう。

 

精神的な病気は、うつ病のほかにも多くの病気があり、診断自体が難しい病気です。
また、どういう薬を飲めばいいのか判断するには専門的な知識が必要です。

こういった精神系の薬には依存症や口の渇き、便秘などの副作用もあるため、
医師に相談のうえ、薬を処方してもらうことが一番と考えておいたほうがよいでしょう。

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ

うつ病 薬

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ