アクセス解析

うつを治す方法を教えて!

うつ 治す

 

うつを治す方法を探しているあなたへ。

少し前までは、「4大疾病」と恐れられてきたものが、
うつが加わり「5大疾病」と言われるようになりました。

未だに、うつは「甘えだ」なんて言う人もいますが、そんな優しいものではありません。
その人の人生、生活、全てを変えてしまうほど恐ろしい病気なのです。

 

うつまでいかない軽度なものから、自分がうつだと気づいていない人も含めると、
相当な人数がうつに悩まされていることになります。

一度発症してしまうと、なかなか治りにくいと言われるうつ。
「あれ、うつかな」と思ったら、早めの対処が必要です。

 

「でも、実際にどうやったらうつって治すことが出来るの?」

うつを治す方法は、病院に行って薬を服用をすることしかない。
そう思っている方はいませんか?

「病気は病院で治すもの」
そう考えるのは普通のことですよね。

実は、うつは病院に行かなくても、自宅で克服させることが出来るって知っていますか?
それも、あるトレーニングをするだけなので、誰でも簡単に出来んです!

うつ 治す

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつから最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

・病院に通っているけど、一向にうつが回復しないという方。
・薬を飲むと眠くなって何も出来なくなるので、薬を飲みたくないという方。
・うつだと思ったけど、治す方法がわからないという方。

そんな方にこそ、おススメのうつ克服法です。

あなたも今すぐうつを克服して
何気ない”普通”な毎日を送りたくはありませんか?

前よりも心が軽くなるうつ克服法とは?

タグ

うつ病で睡眠障害になったあなたへ

うつ病 睡眠障害

 

うつ病で睡眠障害を治したいあなたへ

いつの日か、眠りが浅くなった。
「早く寝なきゃ」と思うと余計に眠れない。

朝、体を起こすのがすごく辛くて、
起き上がることが出来なくなってしまった。

 

うつ病になると、眠ることが出来なくなる「睡眠障害」の症状が見られるようになります。
午前中は気持ちが落ちたまま浮上できず、体を起こすことも出来なくなるのは、この睡眠障害のせいなのです。

眠れないというのは、本当に辛いことです。
体だけではなく、頭すら休むことが出来ないので、何もしていないのに常に疲れた状態になってしまいます。

うつ病は睡眠障害だけではなく、様々な症状がみられます。
頭痛、気分が不安定になる、食欲低下など、どの症状もとても辛いものです。

心療内科等で、「眠れない」と言えば、薬を出してもらえます。
ただ、一度飲んでしまうと今度はなかなか目覚めることが出来ず、
一日中寝っぱなしという状態になってしまう場合もあります。

なかなか、自分に合った薬を見つけるのは難しいんです。

 

「なんとかして、うつ病を治したい。睡眠障害を改善したい」

うつ病の症状で悩み、改善したいと思うあなたへ。
実は、うつは病院や薬を利用しなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

うつ病 睡眠障害

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

このトレーニングなら自宅で出来るので、気楽に始めることが出来ますよね。
うつ病を克服できたら、睡眠障害も改善することが出来ます。

あなたもうつ病を克服して
当たり前な毎日を送りたくはありませんか?

心が軽くなるうつ病克服法とは?

タグ

うつの薬について

うつ 薬

 

うつの薬を使いたいあなたへ。

自分がうつではないかと疑った時、
どうやってうつを克服しますか?

うつは治らない病気ではありません。
克服することができるものです。

 

うつを治そうと考えた時、誰もが病院へ行って薬を処方してもらうことを考えるでしょう。
心が弱ってしまうと、何かに頼りたくなるものですから、
心が不安定だと感じると、安定させる薬が欲しくなります。

 

しかし、これがうつを克服するための唯一の方法だと思っているのならそれは誤解です。

薬は一時的に心を安定させる作用があるだけですから、
うつそのものを治すわけではありません。

一度薬で抑えてしまったら、また心が不安定になった時に、
落ち着かせる薬が欲しいとより強く感じてしまいます。

・心が乱れる
 ↓
・薬で落ち着ける
 ↓
・また心が乱れる
 ↓
・また薬が欲しくなる

といった悪循環に陥ってしまいます。
特に心が弱っている時には何かに依存しやすくなりますから、
一度薬を使ってしまうと、その後は益々強く薬を欲するようになるのです。

 

うつになってしまった時、依存しない為に薬を使わないのであれば、
心が不安定でもじっと我慢するしかないのでしょうか。

そんなことはありません!

うつは、薬を使わなくても自分で克服可能なんです。

うつ 薬

 

病院・薬を一切必要としない
自宅出来るトレーニングでうつの苦しみから解放される
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

うつになって薬に依存してしまうと、常に薬が近くにないと落ち着かなくなってしまいます。
そして、どんどん深みにはまっていってしまうのです。

薬は悪いものではありませんが、万人に必ず効果があるものではないですし、
なにより、医薬品には副作用の心配があります。

 

薬に頼らず、自分の力で
健康的にうつを克服したくはありませんか?

病院・薬一切なし!薬に依存する必要のないうつ克服法とは?

タグ

うつ病の薬を服用する前に・・・

うつ病 薬

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ。

「うつ病かな?」と感じたとき、
病院に行く前に市販されているを飲んで様子をみたい。
という方がいます。

 

うつ病になってしまう身体的原因としては、
ストレスによってセロトニンという脳内物質が減少し、発症すると言われています。

病院で処方される薬には、このセロトニンの量を増やし、
脳の機能が低下することを防ぐ効果があります。

基本的にはこういった精神に作用のある薬は市販されておらず、
医師の処方なしでは購入できないようになっています。

 

薬局などで市販されている薬には、以下のようなものがあります。

睡眠改善薬

ドリエル、ネオディなど

精神安定剤

ホスロール(漢方)、リスロンなど

うつ病に効果のあるサプリメント

セント・ジョーンズ・ワートなど、サプリメントは他にファンケルや小林製薬などから作られています。

 

漢方薬も精神系の病気に効果があると言われています。

普通の薬と比べると効き目がゆっくりとしていますが、
体全体の体質を改善してくれるので、徐々に調子を整えてゆく。という効果があります。

薬局などで市販されている薬は効果が弱いため、
気休め程度のものと考えておいたほうがよいでしょう。

 

精神的な病気は、うつ病のほかにも多くの病気があり、診断自体が難しい病気です。
また、どういう薬を飲めばいいのか判断するには専門的な知識が必要です。

こういった精神系の薬には依存症や口の渇き、便秘などの副作用もあるため、
医師に相談のうえ、薬を処方してもらうことが一番と考えておいたほうがよいでしょう。

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ

うつ病 薬

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病の治療を受ける前に!

うつ病 治療

うつ病の治療には様々です。

とにかく「頑張らなきゃ」と思ってずっとやってきた。
がむしゃらになって、仕事も頑張ったし、
家でも疲れを見せないようにしていた。

 

「うつ病」というのは、よく弱い人がなると
勘違いしている人も多いと思います。

しかし、そうではありません。

 

「逃げない」
「頑張りすぎる」
「責任感が強い」

仕事が出来る人や、まじめな人がなってしまう場合が結構あるんです。

 

「あの人がうつ病? 信じられない」

実際に、誰がなってもおかしくないうつ病。
治療するには、そう簡単にはいかないものです。

 

・夜眠れない。
・朝、すごく体が重くて起き上がれない。
・動きたくない、誰にも会いたくない。

症状は人それぞれなので、自分にあったお医者さんや、薬を見つけるまでも時間がかかります。

 

やっと病院を見つけたけれども、あまり良い先生ではなかった。
薬を飲んだら、余計に症状がひどくなった気がする。

病院に行きたいと思っても、自分にあった病院探しは結構時間がかかるものです。

 

「じゃあ、もううつ病は治療できないの?」

そんな、うつ病で悩んでいるあなたにこそ知っていただきたい情報があるんです。

うつ病は、治療を受けずとも自宅で克服できるということを知っていましたか?
それも、簡単なトレーニングをしていただければいいんです。

 

うつ病 治療

 

もう、昔の自分には戻れないのかな……

そう思っているあなたへ、まだまだ道はあります。
一人で悩みを抱えず、このトレーニングを実践してみてください。

 

あなたも、うつ病を克服して
昔の変わらない自分に戻りたくはありませんか?

治療せずにうつ病を克服したい方はこちら!

タグ

うつ病との接し方が分からない・・・

うつ病 接し方

うつ病の接し方で悩んでいるあなたへ。

あなたは、身近にいるうつ病に患った人との
接し方で悩まされてはいませんか?

・主人、妻がうつ病になってしまい接し方がわからない。
・子供がうつ病になり、外出させるのが辛い。

大切なご家族がうつ病になり、どう接したらいいのか、接し方が分からず悩んでしまい、
自分もうつ病になってしまう方が増えています。

 

また、うつ病の患者のほとんどが外出することを嫌い、自宅で療養することを希望していますが、
薬や診察を受けるためには病院に通わなくてはならず、
通院が大きなストレスとなってしまうことが回復を遅らせる原因ともなっています。
また、薬に頼ることに抵抗のある方もいます。

 

・うつ病の家族と上手に接する方法はないのだろうか
・腫れ物に触るような生活が続いている。今までのように和やかな生活には戻れないのだろうか
・外出を嫌うため、病院に連れて行くのも大変。自宅で治療することはできないのだろうか

このような悩みをお持ちではないでしょうか?
うつ病は病気ではありますが、病院に行かなければ治らない病気ではありません。

 

うつ病は心の病気です。
家族の温かい支えと、生きようとする勇気が湧いてくれば克服できる病気です。

 

病院で処方される薬は精神を安定させる薬です。
薬に頼らずとも、心が安定した状態に戻すことは可能なのです。
これができれば、病院に通わずにうつ病を克服することができます。

うつ病との接し方が分からずお悩みのあなたに、
自宅でできるうつ病の克服法を紹介します。

 

家族全員で支え合い、今までのような明るく幸せな家庭を取り戻してください。

うつ病を克服して、普段と変わらない生活を送りたい方はこちら!

タグ

このページの先頭へ