アクセス解析

うつの家族をどうにかしたい!

 

うつになった家族がいるあなたへ。

会社のせいで、夫がうつ病になってしまった。
あんなに優しかった夫が、まるで別人のように怒鳴り散らし、暴れ、物を投げるようになった。

自分だけは夫を理解してあげなきゃと思い、日々頑張ってはいるけど、
……なんだか疲れてしまった。

大切な家族がうつ病になり、悩んではいませんか?

 

うつ病は、今や珍しい病気ではありません。子供から大人まで、年齢に関係なく発症します。
ちょっとした言葉や行動でイライラしたり落ち込んでしまい、まるで別人のように変貌してしまいます。

多くの人が悩んでいますが、苦しんでいるのはうつ病を発症した本人だけではなく、
家族の方も一緒です。
最近は、家族の方も一緒にうつ病になってしまうことが増えてきています。

 

言葉を選んだり、気を使いすぎてしまったり、
一人で頑張り過ぎてしまうことで、ストレスが知らずに溜まってしまいます。

一人で溜め込んでも、知らないところで泣いても助けてもらえない。
その家族の方が大切なほど、心の傷はより大きくなってしまいます。

 

「もう、どうしたらいいか私には分からない。」

家族の方のうつ病をなんとかしたい、なんとか元に戻って欲しいと願うあなたへ。
実は、うつは病院や薬を利用しなくても
自宅で家族と一緒に取り組めるレーニング法で克服することは可能なんです。

うつ 家族

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

もう、前の楽しかった日常には戻らないと諦めてしまってはいませんか?
そんなことはありません。いつでもやり直しは効きます。

 

あなたも家族のうつを克服させて
楽しかった、平凡な日々を共に送りたくはありませんか?

家族とともに取り組める心が軽くなるうつ克服法とは?

タグ

うつ病に効果的な認知行動療法を教えて!

うつ病 認知行動療法

 

うつ病と認知行動療法について知りたいあなたへ

うつ病の治療法として、近年注目されている治療に
認知行動療法というものがあります。

認知行動療法は、薬物療法と同じくらい効果があるとして、世界的にも注目されています。
また、うつ病だけでなく、社員向けの講習会などで、社員のうつ状態が改善された例もあります。

 

うつ病の認知行動療法について

うつ病の認知行動療法とは、近年発達してきた情報処理モデル、認知モデルを
基盤にした治療法です。

人は自分が置かれている状況を絶えず主観的に判断し、選択して行動をとります。

通常は適応能力によって、一番ベストと思われる判断をとりますが、
強いストレスなどを受けている状況では、その判断に偏りが出てしまい、
拒絶心や不快感を感じてしまいます。

それにより、抑うつ感や不安感が強くなり、正常な判断を下すことができなくなってしまいます。

認知行動療法では、様々な状況で自動的に沸き起こってくる患者の思考やイメージから、
最適な治療法を進めていくもの
です。

対面式のカウンセリングが中心で、1回のカウンセリングは30分以上です。
16~20回のカウンセリングで治療を終わらせるように行い、患者の状態に合わせて延長されます。

うつ病の認知行動療法がこれまでのカウンセリングによる治療と異なるのは、
患者に宿題を出し、実生活の中で答えを導いてもらい、次回のカウンセリングのときに
話し合い、解決策を見つけていくことにあります。

これにより、日常の生活が治療の場となります。

また、医師は治療法のみを患者に指示するだけでなく、一人ひとりの考え方や人間性を重視し、
患者自身が答えを見つけていくように導いていきます。

 

認知行動療法は、患者自身でうつ病にかかった原因や思い込み(認知のゆがみ)に気づいてもらい、
柔軟性を持った考え方に変えていく治療法のため、
再発の少ない、より確実な治療ができると考えられています。

 

うつ病の認知行動療法を実践する前に・・・

うつ病 認知行動療法

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつでアルコールが止められないあなたへ

うつ アルコール

 

うつでアルコール依存症になってしまったあなたへ。

うつを患ってから、家にこもるようになった。
家にいたら、ついお酒に手を出してしまい、アルコール依存症に
なってしまった気がする。

 

うつとアルコール依存症を併発してしまう場合には、いくつかの原因が考えられます。

落ち込んだ気分を上げようと、アルコールを摂取しその結果依存症にまでなってしまうケース。
逆に、アルコール依存症が先で、なんとかアルコールを絶とうとしたことにより、
うつを併発してしまうケースもあります。

どちらにしても、二つの症状を同時に抱えることは非常に辛いことです。
どちらか一方でも治せればまた違うのですが、容易なことではありません。

 

うつでアルコールに依存しているあなたへ。
治療方法はないと、諦めてはいませんか?

実は、うつは病院で治療を受けなくても
自宅で1人で出来るとレーニングで克服することは可能なんです。

「病院に行ったところで難しいのに、家でなんて治せるの?」

あなたも、そう思いますよね。
でも、実際にその方法は存在します。

うつ アルコール

 

これまで多くのうつ患者を救ってきた
うつ病から最短で抜け出す
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

うつは、周りの人に理解してもらうのはとても難しい病気です。
さらに、アルコール依存症も併発しているとなると、かなり大変な状態です。

あなたも今すぐうつを克服して
いつもと変わらない平凡な日々を取り戻したくはありませんか?

アルコール依存から解放されるうつ克服法とは?

タグ

うつ病を再発させない方法を教えて!

うつ病 再発

 

うつ病は再発しないか気になるあなたへ

うつ病は治しても再発してしまうのかと、
不安に思っている人がたくさんいます。

 

うつ病は治療に時間がかかるうえ、仕事を続けることが困難になってしまうほど症状が悪化しやすいため、うつ病にかかると仕事をやめざるを得ない人が大半です。

うつ病は比較的再発しやすく、引越しや転職など環境を変えただけでも
再発しやすくなるため、注意が必要です。

うつ病の再発について、近年報告されていることをまとめて紹介したいと思います。

 

うつ病の再発と予防

うつ病の回復期間は、だいたい6割の人が8ヶ月程度で回復するといわれています。
なかには数ヶ月で回復する人もいます。
これらの回復期間は、再発を考慮に入れていません。

つぎに、再発する期間です。
うつ病の再発はだいたい5割の人が1年以内に再発します。

したがって、8ヶ月かけて回復しても、それから1年以内に再発してしまうということです。
数ヶ月で回復し、再発した場合、回復そのものが「一時的」であった可能性があります。

 

また、10年後、20年後に再発する割合も高く、
9割の人は一生のうちに一度は再発するといわれています。

ただし、再発予防の薬を服用し続けた人は再発が少なかったという報告があり、
再発予防の薬を飲むことが重要です。

一度再発してしまうと、再再発率が高くなります。
3回以上再発したことのある人は、再発を経験した人のうち9割を占めています。

うつ病の治療では、再発を予防するため、回復後に半年から1年ほど、坑うつ薬を飲むように指示されます。

うつ病が回復してしまうと、薬を飲まなくなってしまう人が多い傾向があります。
再発を防止するためにも、医師の指示通り飲み続けることをお勧めします。

 

うつ病の再発を防止したいあなたへ

うつ病 再発

詳細はこちらをクリック!

タグ

うつ病を克服したい!

うつ病 克服

うつ病を克服したいあなたへ。

会社に休職届けを出して、休職して3ヵ月が経った。
傷病手当金をもらえているとは言え、家計が苦しいから早く復帰したい。
けど、自分に自信がなくなり、やる気が全くでなくなった。

仕事に復帰できる気がしない……。

あなたは、うつ病で悩んでいませんか?

 

うつ病になってしまうと、不安ばかりが襲ってきます。

・うつを克服することができるんだろうか。
・あのころの自分にはもう、戻れないのかな。
・生活が苦しいけど、仕事に復帰するのが怖い。

昔の写真を見ては「あぁ、この頃は良かったな」なんて呟いてしまうことも。

 

病院に通っているけど、うつ病を克服できずに悩んでいる人は数多くいます。
病院に行けば「治る」と思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

先生や薬の相性はとても大切です。
相性が悪いと、ひどくなってしまう場合もあります。

 

実は、うつ病に悩んでいるあなたにこそ、知って欲しい情報があるんです。

うつ病 克服

病院に通っているけど、うつ病を克服できないでいる方。
合わない薬で、余計に症状がひどくなってしまった方。
一生、うつ病と付き合っていかなくてはいけないと思っている方。

自宅で出来るうつ病から最短で抜け出す
心が軽くなる方法をご紹介します。

 

あなたもうつ病を克服して
昔の元気だった頃の自分を取り戻したくはありませんか?

うつ病を克服するプチ認知療法とは?

タグ

うつを克服したい!心が軽くなる方法とは?

うつを克服したいあなたへ。

人間関係がうまくいかないからなのか、仕事に行くのがとにかく苦痛だった。
それでも、仕事だと思って頑張って行った。
頑張って、無理やり仕事して、また頑張って。

ある日、朝目覚めたら体がずっしり重く、
起き上がれなくなってしまった。

 

うつのサインは突然やってきます。

・朝が辛い。起き上がれない。
・食欲がなくなり、味を感じなくなる。
・口数が減る。

人によってさまざまですが、うつと気づきにくい場合も多々あります。

 

うつを克服したいと思ったあなたは、どうしますか?

うつを克服するには、とにかく「休む」ことです。
無理はしないで、仕事や学校を休ませてもらうのは大切なことです。

ただ、それだけで克服できるほど簡単ではありません。

 

精神科や心療内科に行くのはとても大切です。
しかし、薬物療法で治すのが中心なので、先生に話を聞いてもらえる時間はすごく短いです。
また、この先生あまり合わないかもと思ったら、
別の先生に変えてもらったり、病院を変えた方が良い場合もあります。

 

今、うつで悩んでいるあなたへ。
実は、病院いらずのうつを克服する方法があるのをご存知ですか?

うつ 克服

 

しかも、難しいことはなく、
簡単なトレーニングを自宅でするだけでいいんです!

非常に長い年月悩んでいる方。ぜひとも、試してみてください。
自分はもう克服は難しいと諦めないでください!

 

あなたもうつを克服して
いつもと変わらない平凡な日々を送りたくはありませんか?

心が軽くなるうつを克服する方法とは?

タグ

うつ病の症状について

あんなに優しかったはずなのに。
突然、何かにとり憑かれてしまったみたいで、まるで別人のようだ。

あなたの、大切な人が突然うつ病になってしまい、
どうしていいかわからず、悩んではいませんか?

 

うつ病と大きく言っても、その症状は様々です。

気持ちが落ちて上げられず、布団から出ることが出来ない。
浮き沈みが激しく、感情が不安定。わけもわからずイライラして、物に当たる。

症状によって病名を判断しますが、医者でも判断が難しいとも言われています。
大切な方のために、症状と照らし合わせて病名を探し、病名を特定しようとする行為は非常に危険です。
それが間違った治療だった場合、余計にうつ病を悪化させる結果となってしまいます。

 

だからこそ、病院に連れて行きたいと思います。
しかし、「病院に行こう」ってなかなか言いにくいものですよね。

ただの「内科」ではなく「心療内科」や「精神科」と言えば、だいぶ世間的に認知はされるようになっても、
抵抗がある人はまだ多いようです。
また病院に行きたくても、予約が取れないなんてこともよくあります。

 

自分がなんとかしてあげないと。

大切な人が苦しんでいるのを見ていると、助けたいと思います。
しかし、うつ病の恐ろしいところに、周りの人が受けるダメージというものがあります。

あなたも、一人で悩み抱えすぎないでください。
気づかないうちにうつ病になってた、なんてたこともあるんです。

 

悩み、苦しんでいるあたなに、ぜひ知っていただきたい情報があるんです。
実は、うつ病は自宅でできる簡単なトレーニングで克服することができるって知っていましたか?

ぜひ実践して、その効果を確かめてみてください!

 

あなたも、大切な人との
変わらない日々を送りたくはありませんか?

うつ病を克服して、普段と変わらない生活を送りたい方はこちら!

タグ

うつ病との接し方が分からない・・・

うつ病 接し方

うつ病の接し方で悩んでいるあなたへ。

あなたは、身近にいるうつ病に患った人との
接し方で悩まされてはいませんか?

・主人、妻がうつ病になってしまい接し方がわからない。
・子供がうつ病になり、外出させるのが辛い。

大切なご家族がうつ病になり、どう接したらいいのか、接し方が分からず悩んでしまい、
自分もうつ病になってしまう方が増えています。

 

また、うつ病の患者のほとんどが外出することを嫌い、自宅で療養することを希望していますが、
薬や診察を受けるためには病院に通わなくてはならず、
通院が大きなストレスとなってしまうことが回復を遅らせる原因ともなっています。
また、薬に頼ることに抵抗のある方もいます。

 

・うつ病の家族と上手に接する方法はないのだろうか
・腫れ物に触るような生活が続いている。今までのように和やかな生活には戻れないのだろうか
・外出を嫌うため、病院に連れて行くのも大変。自宅で治療することはできないのだろうか

このような悩みをお持ちではないでしょうか?
うつ病は病気ではありますが、病院に行かなければ治らない病気ではありません。

 

うつ病は心の病気です。
家族の温かい支えと、生きようとする勇気が湧いてくれば克服できる病気です。

 

病院で処方される薬は精神を安定させる薬です。
薬に頼らずとも、心が安定した状態に戻すことは可能なのです。
これができれば、病院に通わずにうつ病を克服することができます。

うつ病との接し方が分からずお悩みのあなたに、
自宅でできるうつ病の克服法を紹介します。

 

家族全員で支え合い、今までのような明るく幸せな家庭を取り戻してください。

うつ病を克服して、普段と変わらない生活を送りたい方はこちら!

タグ

精神科とうつ病について

精神科 うつ病

うつ病を治すため、精神科の受診を考えているあなたへ

ストレス社会の日本。
うつ病で悩んでいる人の数は、年々増加しています。

・人間関係がうまくいかず、なんだか気持ちがモヤモヤする。
・仕事が忙しすぎるけど、自分がしっかりしなければいけない。
・大切な人がうつ病になってしまい、自分も一緒に発症してしまった。

 

うつ病になる原因は様々です。
また、どんな人がなってもおかしくない「病気」なんです。

「自分は絶対大丈夫だ」なんて思っている方でも
予期せぬ人がなる場合があります。

 

治療したい・・・
そう思っても、うつ病は自分の努力でなんとか出来るものではありません。

 

「精神科に行った方がいいのかな……」

精神科や心療内科は、今や珍しくはありません。
しかし、患者の数に対して病院は足りていないように感じます。

予約を取りたくても、簡単には取れない場合が多いです。
場所によっては、予約を取るための予約を取るなんて所もあるぐらいです。

また、ただ病院に行くだけでいいわけではなく、
自分にあった病院や先生でなければマイナスになってしまこともあります。

 

「どこの精神科に行っていいかわからない」

精神科 うつ病

そんな「うつ病」で悩んでいる方にこそ知って欲しい情報があります。
うつ病は、
自宅で出来る簡単なトレーニングで心が軽くなる克服法
があります。

なんとかしたいと悩んでいる方へ。
ぜひとも、トレーニングを実践してみてください。
辛い気持ちは、一日でも早く捨てさってしまいましょう!

 

あなたもうつ病から解放されて
変わらない豊かな人生を歩みたくはありませんか?

精神科通わず、うつ病を克服する方法とは?

タグ

このページの先頭へ