アクセス解析

うつ病に効果的な漢方を教えて!

うつ病 漢方

 

うつ病の漢方を探しているあなたへ

うつ病の治療には、坑うつ薬を服用するのが一般的です。
しかし、薬による治療は即効性がある代わりに、
副作用や依存症などを引き起こしてしまいます。

 

最近はそういった副作用や依存症を避けるため、
坑うつ薬とあわせて漢方薬を服用する人が増えています。

うつ病は不眠が続いたり、不安や極度の疲労が続くので、
心身ともに疲弊してしまいます。

そのため、体力を回復する効用のある漢方薬などを飲み合わせ、
体全体からうつ病を治療することが望ましいでしょう。

 

漢方薬には、体力回復のほかに、自律神経の調整に効果のあるものもあります。
うつ病の症状によって、効果のある漢方薬も違いますので、
症状と体力にあったものを選ぶと良いでしょう。

 

うつ病の漢方の種類

中程度のうつ病に効果的な漢方

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、帰脾湯(きひとう)などは
補剤とよばれ、体力を回復する効果があります。

自律神経系には、気剤と呼ばれる
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)などがあり、
うつ状態やパニック障害、不安などの効果があります。

うつ病で頭痛などの症状のある方には、釣藤散(ちょうとうさん)が効果的です。

そのほか、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)は
めまいの症状に効果があります。

 

軽度のうつ病に効果的な漢方

軽度のうつ病の場合、坑うつ薬などを飲まなくても、漢方薬だけで治る方もいます。

茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)、
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などがよいでしょう。

疲労感がひどい方には、
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)がお勧めです。

 

産後の不安や育児によるうつ病に効果的な漢方

産後の疲労がひどい方には、
当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)や帰調血飲(きゅうきちょうけついん)がよく処方されています。

うつ状態がひどいときや、幻覚、妄想などの症状がある場合、
母乳をやめ、坑うつ薬や坑精神薬などを服用し、治療を行う必要があります。

 

漢方薬にはいろいろな種類があり、効用が同じでも薬の種類や配合率の違うものがあります。
漢方薬にも副作用があるため、坑うつ薬と併用して服用する場合、
飲み合わせの悪い漢方薬もあるので注意が必要です。

病院や薬局などで、どのような漢方薬を選べばよいか、相談することをお勧めします。

 

うつ病の漢方の服用を考えているあなたへ

うつ病 漢方

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ