アクセス解析

うつの薬について

うつ 薬

 

うつの薬を使いたいあなたへ。

自分がうつではないかと疑った時、
どうやってうつを克服しますか?

うつは治らない病気ではありません。
克服することができるものです。

 

うつを治そうと考えた時、誰もが病院へ行って薬を処方してもらうことを考えるでしょう。
心が弱ってしまうと、何かに頼りたくなるものですから、
心が不安定だと感じると、安定させる薬が欲しくなります。

 

しかし、これがうつを克服するための唯一の方法だと思っているのならそれは誤解です。

薬は一時的に心を安定させる作用があるだけですから、
うつそのものを治すわけではありません。

一度薬で抑えてしまったら、また心が不安定になった時に、
落ち着かせる薬が欲しいとより強く感じてしまいます。

・心が乱れる
 ↓
・薬で落ち着ける
 ↓
・また心が乱れる
 ↓
・また薬が欲しくなる

といった悪循環に陥ってしまいます。
特に心が弱っている時には何かに依存しやすくなりますから、
一度薬を使ってしまうと、その後は益々強く薬を欲するようになるのです。

 

うつになってしまった時、依存しない為に薬を使わないのであれば、
心が不安定でもじっと我慢するしかないのでしょうか。

そんなことはありません!

うつは、薬を使わなくても自分で克服可能なんです。

うつ 薬

 

病院・薬を一切必要としない
自宅出来るトレーニングでうつの苦しみから解放される
心が軽くなるプチ認知療法をご紹介します。

 

 

うつになって薬に依存してしまうと、常に薬が近くにないと落ち着かなくなってしまいます。
そして、どんどん深みにはまっていってしまうのです。

薬は悪いものではありませんが、万人に必ず効果があるものではないですし、
なにより、医薬品には副作用の心配があります。

 

薬に頼らず、自分の力で
健康的にうつを克服したくはありませんか?

病院・薬一切なし!薬に依存する必要のないうつ克服法とは?

タグ

うつ病の薬を服用する前に・・・

うつ病 薬

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ。

「うつ病かな?」と感じたとき、
病院に行く前に市販されているを飲んで様子をみたい。
という方がいます。

 

うつ病になってしまう身体的原因としては、
ストレスによってセロトニンという脳内物質が減少し、発症すると言われています。

病院で処方される薬には、このセロトニンの量を増やし、
脳の機能が低下することを防ぐ効果があります。

基本的にはこういった精神に作用のある薬は市販されておらず、
医師の処方なしでは購入できないようになっています。

 

薬局などで市販されている薬には、以下のようなものがあります。

睡眠改善薬

ドリエル、ネオディなど

精神安定剤

ホスロール(漢方)、リスロンなど

うつ病に効果のあるサプリメント

セント・ジョーンズ・ワートなど、サプリメントは他にファンケルや小林製薬などから作られています。

 

漢方薬も精神系の病気に効果があると言われています。

普通の薬と比べると効き目がゆっくりとしていますが、
体全体の体質を改善してくれるので、徐々に調子を整えてゆく。という効果があります。

薬局などで市販されている薬は効果が弱いため、
気休め程度のものと考えておいたほうがよいでしょう。

 

精神的な病気は、うつ病のほかにも多くの病気があり、診断自体が難しい病気です。
また、どういう薬を飲めばいいのか判断するには専門的な知識が必要です。

こういった精神系の薬には依存症や口の渇き、便秘などの副作用もあるため、
医師に相談のうえ、薬を処方してもらうことが一番と考えておいたほうがよいでしょう。

 

うつ病の薬を服用しているあなたへ

うつ病 薬

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ